その辺におちてた専務

ウチの専務こと🦀ちゃん。メッチャメチャに頭の切れるひとなので「どこで拾ってきたんだ!?」とよく言われる。言われるたびにその辺に落ちてる🦀ちゃんのことを想う。いいなあ。

ちなみに隙あらばカニを食おうとするのと、名前を10回言ったら蟹江敬三カニエウエストに空耳するから🦀ちゃんと呼んでいる。ほんとかなあ。

 

🦀ちゃんは最近かわった。というか、日々進化を遂げている。スゴイ。

人間そんなに簡単に変われんと言うけどやっぱ本人の根性次第なんやなと思う。みんな🦀ちゃんのバイタリティっつうかポテンシャルを評価するんやけど私はあの人1番すごいところ”根性”やと思う。やるっつってほんまにやる、すごいわ。書いてみたらごく普通っぽいけど、こんなクソ多忙な早送りの毎日の中であの高いモチベを維持してるの尊敬する。

昨日、取引先の社長👓🪐ズと20時から会議やったんやけど急に酒が出てきて気付いたら5時だった。一体何が起きたんだ。会話の内容もすんごいディープで面白かった。会社の形がまるで異なる経営者3人が平日夜中に集まってベロベロになって「何よりも怖いこと」「熟睡はしているか」「立場の都合で死んだ本音」「互いの会社をベタ褒め&フツーの自社自慢」「子ども欲しいですか」「ドムドムバーガーすげえよマジで」って話してた。

こういうときっていうか私はおヨソではエライ人のフリをしている。ショートコント〜企業代表〜!って感じ。うちの会社にトップはいないんだけど、いないと明言するとそれはそれで言い出しっぺとしては社内にも社外にも無責任な気がしちゃうんだよ。

 

👓と🪐が、🦀ちゃんの話してくれて冒頭で言った拾得物確認もされて、本人の成長もスゴイって褒めてくれて引き抜いた(訳ではないけど)私のことも褒めてくれて、それで会社として成り立ってんのも流石だねってもう超〜大絶賛されて完全にそうだが??????って顔して「イヤハヤ・・・」って言った。映像と音声が合ってないとヒトは恐怖を感じます。

🦀ちゃんは私がフワーッとバイトした会社でバイトしてたすごいバイトのひとだった。私が無限会社員連打スコアアタックに飽きてなんかバイトしよう〜って思って新宿の高層ビル街に潜入したら当時新婚ホヤホヤの🦀ちゃんがいた。ホヤなのかカニなのかどっちなんだ…!!!!!(ドンッッッ!!!)

その話の流れから「でも数年前に初めて出会った頃の🦀さんってふつうの人だったよね」とか言われて、そうなの!!?!??!と思っちゃった。上場したらゼッテーにやべえ未公開株みたいな。ゴハンの写真とか見て絶対旨いやないか〜!!ってなるのと同じ感覚だった。🦀ちゃんも聞かれてもないことベロベロ話すタイプじゃないから判断材料が少ないけど些細な質問でもあの切れ味は半端じゃない。原始人が使ってた石のナイフすげー切れるんだよ!ツイッターで鶏肉切ってるやつ見なかったのか!アレと一緒だよ!全く…君は存在が銃刀法違反なんじゃないかな…(口説いてる?)

話聞いてると思うけどみんな「長所」というものを過信しすぎだとおもう。悪く作用すればフツーにひっくり返って短所になっちゃうのに絶対的にイイところだと信じてる人が多い気がする。お人好しとイイヤツの差って良く作用したか悪く作用したかの差でしかないとおもうのよ。性質がどう転ぶかの話でしかないから、転ばせる方向だけ定めればヒトは無敵だと普段からおもってる。上も下もキリがないからな。所有してる性質と、良く作用させようっていう根性、この2つしか必要ないくらいだと私は思ってる。よ。

 

メチャクチャ面白いんやけど🦀ちゃんの第一印象が「このひとメッチャ顔かわいいな…」やったのに🦀ちゃんは私のこと「毛量多いなあ…」と思っていた。

一体何がなんなんだよ。