スピーチをしたはなし

世紀のロイヤルウェディングのはなししていいか。

私、友人が結婚するたびにコレ言ってるな(どうかと思うよ)

 

新婦…いやロイヤルプリンセスの🌼さんとはもう10年くらいの付き合いで、私の人生はじめてのバイト先の先輩だった。

メチャメチャ仲良かった。もうメチャメチャ好きだった。好きだったし気が合うとかもそうだけどメチャメチャ仕事ができる人で、あのバイト先の超仕事がデキる皆さま(多分デキるようになりたくない人は続かなかったんだと思う)にメッタメタに教育されたお陰でここに仕事に対しての加減を一切知らぬ1人の哀しいバーサーカーが生まれて…しまった…南無…。あのバイト先の当時の皆さん全員に責任がある(急な人のせい)

こないだ知り合いの社長🐉に「お前って仕事がデキるひとのことは絶対に嫌わないよな」って言われてそうか〜???って笑ってスルーしたけどよくよく考えるとマジでそうかもなと今思った。

 

今年の春頃、🌼さんから何の前触れもなく「デート中ですか?お嬢さん」ってメッセージきて、なんじゃこのオシャレな問い掛け〜!!!!!と思いながらメチャメチャ仕事して2日スルーした。処されるべきだと思う。48時間も経ってから雷が直撃したみたいに突然返事してないことを思い出して慌てて返事したら電話がかかってきた。仕事の休憩中みたいで、何用だろう…と思って静かにしてたら

「🌼さんの結婚式のスピーチやりますよ!って言うたの覚えてる?」

と、聞かれた。

 

マジで申し訳ない。全く覚えてない。

覚えてないけど「結婚式のスピーチやりますよ!」のこの″スーパー無責任お手軽ハッピー安請け合い感″がどう考えても私の発言ぽくて(お前やんけ・・・!!)と思った。私なら言う。ついでになんか要る〜!?のテンションで何でも言っちゃう。景気も良くしちゃうし国立競技場も建てた。

こないだ仕事仲間の🍧ちゃんが「初めて会った時にチーズケーキくれたんだけど値段をメチャメチャ言ってた」って想い出話してくれてそんなこと言うかよwwwって笑っててんけど「これ2000円もしてん 絶対おいしいやつ」「2000円もしてん ハコだいじにして」「2000円のあじがする」って言うてたって証言されてイヤそのクソむかつく頭カラッポの関西弁2000%わたしやないかメッチャ顔想像できる!!!!!!!!!!ってなった。しかもググったら1680円やったの。このツメの甘い微妙な四捨五入が完全に私の犯行やった。フツーに謝罪した。

 

なんか、電話切った後に思ったんやけど「結婚式のスピーチやりますよ!って言うたの覚えてる?」っていう、この一文って凄くて。スピーチ原稿にも書いたんやけど

・結婚するねん

・スピーチ頼みたいねん

・ちゃんと昔の約束覚えてるねん

っていう3つの言いたいことが入ってるのね。凄いよね。切ってから何度もこの一言について考えた。反芻っていうの、噛みしめるっていうか繰り返し繰り返し再生して、いい台詞だな〜とおもった。関西人がやるあのちょっと詰め寄る感じの言い方だったのもメチャメチャ良かった。あんまり派手な絵面じゃないけど「観たことないけどそのシーンだけ知ってる!」って言われる映画の冒頭みたいだった。絶対に私より長生きしてほしいひとみたいな。絶対に死なない武田鉄矢みたいな。

 

結婚ってよう分からんけど、好きなひとがめっちゃ幸せなんメチャメチャにヤバイ(アホの感想なのか?)

もう正直なところ何でもいいねん、幸せなひとがとても好き。インスタとか全然知らんひとのアカウントとかもたまーに見るけど楽しかった話とか嬉しかった写真とかがやっぱりユーザー層的に多くて、アレ見てるともう正直誰でもいいし例えそれがなんでもいい。ラーメン食いに行ったみたいな話も聞くの好きやし家から一歩も出てねえ何もしてねえって話も好き。「起きたことの(イヤじゃなかった)話」が全部すきなんかもしれへん…範囲広いな…ちゃんと聞いてんのか?

だから10年もメチャメチャ仲良い友人からの今幸せなんだが電話がヤバかった。マジ〜!?!!??みたいな…(アホの感想)(断定)

🌼さんに限らず私の友人たちみんな一生独身でも、ハム太郎に前歯折られても、初任給で買ったピザを床に落としても幸せに生きていける(私の体験談)ひとらばっかりやねんけど、それでもスゴイよね。いやあ思い出しても「ええな〜!!!!!!!!!!!!!!」(大声)って独り言が出ちゃう。

 

こんだけ長い間なんて書こうか悩んだの初めてだと思うな。いい経験だった。せっかくなので読み返して「ウワアアーッ😫!!!」ってなって消すまで書いた原稿をここに置いとこう。ウワアアーッ😫!!!(早い!)

 

─────────────────────

2カ月前のある日、不在着信が1件。それに続いて「デート中ですか?お嬢さん」とメッセージが届きました。その時の私は仕事があんまりにも忙しく、気付いたのはその2日後のことでした。

慌てて折り返して繋がった時の🌼さんは、1年ぶりの連絡にも関わらず、あの日の帰り道 また明日ねって言って別れたその時と同じ声で電話に出てくれて、開口一番こう言いました。「あんな、🌼さんの結婚式わたしがスピーチしますよ!って言ったの覚えてる?」と。

そもそもの話なのですが結婚式で涙する感情の仕組みを私はよく分かっていなくて、ハッピーな場なのにどうしてみんな泣いちゃうんだろうと長年思ってきたのですが、

・遂に🦍さんと結婚式を挙げるということ

・当日にスピーチを頼みたいということ

・そして10年前のあなたとの会話を私はちゃんと覚えてるよということ

こんな短い1つの文章に含まれた、大きな3つの意図を、幸せそうな🌼さんの声で聞きながら気がつくとボロボロ泣いていて、成る程な、大好きな人がハッピーなのは確かに泣くほど嬉しいことだと心底納得しながら、ボロ泣きがバレないよう、電話越しに大人しくしていました。


遅ばせながら、ご紹介に預かりました ××× といいます。

私が高校1年生のときに🌼さんがバイトされていたコメダ珈琲に後輩として加わり、週末の激戦モーニングの時間に共に戦っておりました。私の方はその後しばらくしてから高校を中退してしまいすぐに上京、今は東京で会社をやっております。なので、今日この会場にいらっしゃるご友人の皆様方の中で🌼さんと一緒に居た時間というのは通算すると私がいちばん短いんじゃないかと思っています。

なので、スピーチを頼んで下さったのも正直不思議に思いました。イヤな意味ではなく「絶対私以外にもいるでしょ」と。

🌼さんはひとを思いやる天才なので、言葉を聞きたいという人も、言葉を伝えたいという人も沢山沢山いらっしゃるんだろうとこれを読み上げている今もヒシヒシと感じております。

 

🌼さんに「招待状送りたいんやけど名前変わった?」と聞かれ、「結婚して苗字が変わったりしていないか」という確認だろうなと理解しながらも「実は会社を設立したタイミングで改名したんです」と伝えると「やっぱりな そんな気がしてん!」と言われ、🌼さんが周りから愛されるのはこういうところだなと改めて思いました。

とにかく目の前の人を物凄くちゃんと見ていらっしゃる方です。しかし、それらは好奇心から来る観察ではなく、ただシンプルに、その人のことが大好きだからより深く理解しようとして、その人を知ろうとする。ひとりひとりに手作りのご縁の形を表現することが出来る、そんな🌼さんだからこそ、今日こうして、生涯でただ一つの何より尊い縁を結ばれたのだなと。私は思ってます。


🦍さん、🌼さん、そしてご両家のみなさま。本日はご結婚おめでとうございます。こんなに素晴らしい場に同席できたこととっても光栄です。

🌼さんがいっつも電話で聞かせてくれた惚気話をこれからも一生聞かせてください。


それでは最後に、私と🌼さんが大好きなとある小説の、最高のセリフで締めたいと思います。

 『愛せよ。人生において、よきものはそれだけである』

 本日は、お日柄もよく、心温かな人々に見守られ、二つの人生を一つに重ねて、今からふたりで歩んでいって下さい。

 たったひとつの、よきもののために。

 

本日はおめでとうございました!

─────────────────────

 

ウワアアーッ😫!!!(うるさい)

恥ずかし。でもメッチャ真剣に書いてんな…っておもった。よくやったよ…。ラブ満開って感じ。

 

人様の旦那さんのこと🦍とか言うのどうかと思うけど言ってんの公式(🌼さん)だから…。珍しく私が悪いわけではないから…。